ファッションの基本・配色について

ファッションのコーディネートを考える上で服の配色は重要です。これを知らないと全身黒のような、無難だけどオシャレとはいえないコーディネートになりがちです。服の配色の基本は3色、もしくは2色です。


全身黒のような1色コーデはファッション上級者でないと着こなすことが難しいです。



基本となる3色をどのように決めるかですが、まずベース、アクセント、サブの3つに分けます。

マイナビニュース情報がさらにわかりやすくなりました。

ベースカラーは全体の雰囲気を作る色で服の中でも最も面積の大きい服、スーツやコート等の色となります。
サブカラーはベースカラーを引き立てつつ全体の調和を取る色で、デニムやシャツ、靴の色となります。
アクセントカラーは全体の色調に変化を付ける色で、ベースカラーやサブカラーと対照的な色を使うと効果的です。

あくまでアクセントなので、アクセサリーやネクタイなど小さいアイテムが対象となります。

配色パターンはいくつもありますが、抑えておきたいのは同系色でまとめるやり方です。
例えば、赤とオレンジ、青と水色のように近い色をベースカラーとサブカラーに使います。アクセントカラーにはベースカラーに使った色と対照的な色を使うか、柄やプリントがデザインされたアイテムを使いましょう。

柄物、プリント物など色数の多いアイテムはベースカラーとして使う場合は、サブ・アクセントカラーで使うアイテムを落ち着いた色調にすると全体にまとまりが出ます。

安心、信頼のジル バイ ジル スチュアートの総合案内サイトです。

迷ったら黒、グレーまたはベージュ、白の配色が無難です。

黒をベースにするなら白をアクセントに、白をベースにするなら黒をアクセントにすれば色々なファッションに対応できます。




Copyright (C) 2016 ファッションの基本・配色について All Rights Reserved.